文鳥と暮らす人 第2回 カオさん

interview02

文鳥と暮らす人 第2回 カオさん

「文鳥と暮らす人」第二回は子どもの頃から文鳥を飼っている、筋金入りの文鳥好きのカオさんにお話を伺いました。
ちなみにインタビュー場所はIKEA南船橋店です。

カオさんプロフィール

文鳥ひとすじウン十年。現在は三羽の文鳥の飼い主。
若いときは丸の内辺りのOLだったり、キャラクター達と踊ったり歌ったりする人だったり。
<ぶんちょう>Joyジョイfulフル

●文鳥との出会い

−文鳥歴を教えて下さい

昭和四十年代になりますが幼稚園へ通ってた時に、マンションに迷い文鳥が来て白文鳥を飼ったのが初めてです。なにぶん小さい時なので自分ではよく覚えてないけども。
その一羽来た文鳥にもう一羽桜文鳥を買って来てペアにしたらヒナが生まれたらしいです。
で、増えたけどもそれは手乗りにはしなくて、増えた分は売っていたらしいです。小鳥屋さんに引き取ってもらったらしいです。
それで、幼稚園の頃何羽か孵ったけど、うちでは残していなくて一度はその系統は終わったみたいです。
小学生の時に二羽白文鳥を飼ったのが自分でちゃんと覚えている最初の子です。
その後はだいたい白文鳥一羽飼いばっかりで自分の年齢の五分の四くらいは文鳥と暮らしています。
最近のつながっている文鳥は二十年以上前に工藤優鳥園さんでお迎えしました。
それまでは白一羽飼いばっかりだったけど、白と桜の二羽、もう一人餌になるくらいで、それがすごい長生きだったので。
それとネットのブログとかが始まった時代が重なって文鳥情報を色々知ることができるようになりました。

 

−文鳥を飼いたいというのはカオさんが言い出したんですか?

たぶんそうだけども、両親も……父親が好きだったんですが、母親も鳥が苦手というわけではなくて、家族で文鳥好きです。

−他の鳥は候補には入りましたか?

たまたま最初に来たのが文鳥だったんだけども、それですっかりまったく他の鳥はうちには現れなかったです。
やっぱり白文鳥が一番好きです。文鳥歴はそんな感じです。

工藤優鳥園さんの二羽の後がホームセンターからお迎えした二羽で、それからはその次も白と桜だったけどもオス桜、メス白、その次がオス白、メス桜、その次の今が白文鳥兄弟と初めてのシルバーです。

02-photo1

仲良し白文鳥兄弟

−最初の文鳥以外は繁殖は全然しなかったんですか?

そうなんです。たまたま相性が良くなかったから生まれなかったです。

−文鳥以外の鳥を飼おうと思ったことは?

文鳥を飼いだしたのは迷い文鳥が飛んできたからだけど、何で飼い続けたのかは刷り込みという感じですね。子どもの時に鳥が家に来て理由なく好きになって。だからインコは可愛くても自分では飼わないです。

−文鳥の好きなところは?

文鳥のアイリングがはっきりしているところが他の鳥より好きなところだと思います。ただ黒目があるっていうのではなくて、はっきりあるのが好きです。

●文鳥との付き合い方

−印象に残っているエピソードは?

「良い子は真似をしないでください」っていう失敗例はひと通りあるかなぁ。
子どもの時は子どもなりのバカさ加減で逃してしまったのと、文鳥が慣れすぎて人の周りでうろうろしているので事故になってしまいました。
いいことは…お家に人間じゃない生き物がいるっていうことは気持ちが落ち着いていいと思います。
文鳥は勝手にもしててくれるし寄ってきてもくれるところが自分には合っています。

−今後繁殖などは考えていますか?

生まれればもちろんヒナの挿し餌はしたいです。今回も少し挿し餌したので育ててみたいけど、お家にいられないと…。
昔はにぎり文鳥とかそういう情報がなかったから手乗りで普通だと思ってたけど、ネットの時代でいろんなにぎり文鳥を見てうちのホームセンターの二羽の時もメスだけにぎり文鳥になって「これがにぎり文鳥だ」と思って嬉しかったです。

−それは今いる子ですか?

今は多少握りで、その前のメスの桜文鳥がマッサージの出来るにぎり文鳥でした。
その子はヒナから育てたわけじゃないから生後四ヶ月くらいまでお店に居たのをお迎えしたら、ある日突然にぎり文鳥になりました。

−そういう素質があったんですね。

そうだと思います。その時は先に白文鳥のオスがいて後から桜文鳥のメスが来たのでまったく相性が合わなくて後から来た新入りはいじめられていたので逆に人間に懐いたのかもしれません。

−普段は放し飼いですか?

父親が部屋で特に用事のない時はずっと出してます。あっちこちフンの掃除が大変です(笑)。
今は三羽なので今までで一番多くて出しっぱなしだと大変です。
人間が二人しか居ないので気をつけて見ている時は文鳥たちは好きにしていて良いという感じです。
箱で作った別荘が置いてあるところがあるので、だいたいはそこに居ますね。

−文鳥たちは仲が良いですか?

兄弟二羽は一応仲良しです。シルバーは後から来た新入りなので仲間には入れません。かわいそうだけど……やっぱり人間に懐いてにぎりになってます。


02-photo2

にぎり文鳥なシルバーちゃん(女の子)

−基地に入ってるのは白の兄弟だけでシルバーはにぎられているという感じですね。

白の兄弟は男同士基地に入っています(笑)。
シルバーは基地に寄って行くと追い払われるので距離をおいた近くに待機しています。
白の兄弟が別のところでで遊んでいる時に、シルバーが基地に入ります。でも白がシルバーが基地にいることに気付くと、戻ってきてまたシルバーを追い出します。

02-photo3

基地が大好き白文鳥兄弟

−白の兄弟とシルバーは何歳ですか?

白が二歳、シルバーが一歳半くらい。
そんなに年齢は離れてないけども、元々の兄弟の中には入れないです。
白の兄弟は最初三羽でうちに里子に来たのですが、その時は長男と次男がペアで三男が今のシルバーの位置でした。
四羽になった時どうなるだろうと思っていましたが次男がいなくなっちゃって。そうしたら長男と三男が一緒になりました。

●鳥の病気

長男がうちに来て半年くらいの時に原因不明で急に具合が悪くなって、エサが食べられなくなって。
病気の時は鳥は膨らむことが多いけど、ぎゅーって細く背伸びをしたような変な姿勢になってフンの色が血便かなという感じでした。その二〜三日後から膨らんできました。

近くの病院は鳥専門ではなかったので処置ができなかったので、市川の鳥の病院に行って一週間入院して原因不明のまま回復して元気になりました。
病院は今までも何度かは行ってますが入院は初めてでした。治ってくれて良かったです。その後は何事も無く。

基本的に……昔から飼ってるのもあるかもしれないけど健康診断はやらないことにしています。
やっぱり鳥専門の病院はそんなに無いし、普段からちゃんと見てあげることで健康に気をつければいいという考えになりました。

●ネットのこと

−文鳥のブログをはじめたきっかけは

放置してますが(笑)。
始めたきっかけは文鳥の記録になるかなと思って。
いろいろな人がブログをやり始めた時期に他の人のブログを見て。デジカメも使い始めたので、写真に撮ってブログで記録にしてという感じです。

−文鳥友達も増えました?

そうですね。
文章が面白い人とか写真がきれいな人とか色々いて。
それで文鳥まつりもネットで知って。
文鳥まつりはやっぱり一番文鳥友達が増えたと思います。
会場で初めて会った人やネットで知ってた人にそこで会ったり。
Meさん(文鳥作家さん)もブログで知り合って「文鳥まつり行きましょう」っていうことになって。
その頃はmixiでも文鳥友達が増えました。
文鳥まつりの日は文鳥オフ会をしていました。年に一度の集まりと言う感じで。

●文鳥グッズ

最初の頃は文鳥であれば何でも買ってたけど、この頃は増えたので自分の好きなモノを選んで買うようになりました。
一般のメーカーから文鳥グッズが出るというのは昔は考えられなかったです。

●鳥カゴの思い出

小学校〜中学校の間は丸い金のぶらさげるカゴを使っていて、下に皿が付いているのですが掃除はしづらかったです。
高校の時に引越してから使っていたのは小型の四角いカゴだったんですけど、丸いカゴは使ってなかったけどまだ取ってあって。
就職した後引越しの時に丸いカゴを捨てました。ボロボロだったし取っておくような高価なものではなかったんですけどそのカゴを捨てた時は少しさびしかったです。

文鳥が水浴びに使っていた色々な容器は実用性で今はプラスチック製になってますね。

●文鳥との関わり方

−これだけ長く文鳥と付き合っていると、接し方なども変わってきましたか?

あんまり人間の方の生活環境ー結婚したり子どもが出来たりが無いのであまり変わってない気がします。普通に家族という感じで。
一羽飼いの間はあまり名前を呼ぶことがなくて、鳴き真似で…文鳥語で話すみたいなことが多かったので。二羽飼いになった最初の時も…一番長生きした二羽の時もまとめて「文鳥」って呼んでました。
その後のジョイ、フルの時から名前で呼ぶようになって。ネットの情報が増えた時に「ちゃんと子どもの時から名前を呼べば返事をする」と読んで名前を呼び始めましたけどあまり通じてなかったみたいです。
ちゃんと自分の名前に返事というのは今まで成功してないです。

オフ会で先輩を真似てさえずりの継承という話をしていたことがあります。
うちではヒナを孵していないのでオスとオスで先輩と後輩が重なっている事はなかったので、私が工藤さんで買った時の桜文鳥の歌とホームセンターで買ったジョイの歌と、今の兄弟の歌、私が三種類歌えます。

−カオさんが覚えているんですね。歌を文鳥に教えたりしないんですか?

人間風になってしまうのでたぶん覚えてもらうのは難しいと思います。
しゃべる文鳥もいましたよね?そういうのも憧れがあります。
インコと違って舌が違うのに喋れるんだなぁって。
うちのもさえずりの中で「ポコちゃん」には聞こえるんですけど。「ピーヨポコちゃん」って聞こえます。言いやすい言葉なのかしら。

−名前の付け方はこだわりがありますか?

よくネットで見かけるようなことはうちは全然ないです。
とにかく白と黒だったし……あ、小学校の時の白文鳥の二羽は「クク」と「ココ」でした。単純に呼びやすい名前です。
三兄弟は「ピピ」「ププ」「ポポ」にしました。
ホームセンターで買った子は「ジョイ」と「フルフル」だったので。

−お店の名前ですね(笑)。

最初一羽だけだったので「ジョイ」で、次が同じところから来たので「フルフル」に。
シルバーはフルフルちゃんと似ているところがあったので、シルバーの「ル」と「フルフル」の「ル」で「ルル」ちゃんです。

−基本は呼びやすい名前ですね。

あんまり凝ってないです(笑)。

−カオさんにとって文鳥とはどういう存在ですか?

居て当たり前……必ず居て欲しい存在です。

文鳥は自分家のだけじゃなくてペットショップとか外で他の文鳥を見られるところが好きです。
文鳥オンリーの文鳥カフェが欲しいです。

−文鳥好きな人が気軽に集まれる場所があるといいですね。

そうしたら一年中文鳥まつりですね(笑)。

(写真はカオさん提供)

文鳥と暮らすひと 第1回 amycco.さん

文鳥と暮らすひと 第一回

文鳥と暮らすひと 第1回 amycco.さん

「文鳥と暮らすひと」第一回は小鳥ミュージアムクロージングパーティーのため上京された、イラストレーターのamycco.さんにお話を伺いました。
おっとりした関西弁でお読みください。

amycco.(エミコ)さんプロフィール
イラストレーター。毎日文鳥に怒られている。
マンガ「文鳥ちゃん」を連載中。
http://amycco.com/

●文鳥ちゃんと出会うまで

−amycco.さんは奈良ご出身ですか?

あ、そう……いえ、違います。滋賀県出身です。

−文鳥歴は?

子どもの頃に小中学校くらいの時に文鳥を飼ってて……それで文鳥が亡くなって……。
それからずっと文鳥好きだったんですけど飼わなくて、写真とかで見て憧れてただけだったんですけど、二年くらい前に今の文鳥ちゃんが来ました。

−けっこう間が開いてますね。

はい、間がすごく開いてて。なんか、勇気が出なくて……。
子どもの頃は何も考えずに「欲しいから」って買ってもらったんですけど、大人になったら「責任をもって飼わないと」と思いすぎてタイミングを逃し続けてて……やっと。

−文鳥ちゃんをお迎えしたきっかけは?

きっかけ……うーん、ちょっと思い出しますね。何があったっけ……。
夫(あきぴょん氏)が特に文鳥とか知らない人だったんですけど、いっつも厳選した文鳥の写真を見せて「見て見て」とか言って洗脳してたら「結婚したら文鳥飼おうな」って言ってくれるようになってそれで(笑)。
お店も何回か行ってたんですけど「あっ」と思うこともあんまりなくて、三軒目くらいで文鳥ちゃんが居るお店に行って。元気な桜文鳥たちに踏みつけられてて隅っこに居たんですけどすごい輝いてて「ああ〜、この子だぁ〜」って。

−文鳥ちゃんはヒナだったんですか?

ヒナですね。生後一か月くらいでした。挿し餌するのがずっと夢だったんで。
そういえば挿し餌の時は私に懐いてたんです。そういえば挿し餌時代は私に付いて来てました。たぶん途中で子どもから女になって、そこからあきぴょん一筋です。

−文鳥ちゃんは「文鳥ちゃん」と呼ばれてますけど本名はあるんですか?

本名は「文鳥」です。私が「わたあめちゃん」って名前にしようと思ったんですけど、夫が「わたあめちゃんは嫌や。僕は文鳥って呼ぶからな」ってずっと言ってたから「文鳥」を採用しました。

−文鳥を飼い始めて変わったことは?

知り合いが増えましたね文鳥を通して。あまり自分から友達を増やして行く方じゃないんですけど、文鳥の話を通じて話しかけてきてくれたりした人と知り合えたというのは。
●文鳥ちゃんとあきぴょんと

−文鳥ちゃんはあきぴょんさんが大好きなんですけどそれを見てどう思っていますか?

けっこううれしい……。文鳥ちゃんが小さい社会の中で生きてるじゃないですか。家の中で。
その中ですごい夢中になれる人を見つけられたのがすごいうれしくて。本当にに目が輝いてたりとか一生懸命追いかけたりとか手の中でリラックスしてたりとか見るとすごいうれしくて「ジーン…」ってなります。
でも私にもちょっとはかまってほしいけど……。

01-photo2

あきぴょんさんを見つめる文鳥ちゃん

−あきぴょんさんと文鳥ちゃん、どっちか片方だけ取るとしたらどっちを取りますか?

え〜〜。無理だぁ〜(笑)。三人で仲良く暮らしたいです。
二人が離婚したら文鳥がどっちに付いて行くかっていう話になった時があって(笑)。
私が全部世話してるんですけど、あきぴょんに付いて行くと文鳥は幸せだけどご飯も水ももらえなくて、私に付いて来るとご飯とか水はちゃんともらえるけど刺激がないっていう。どっちに付いて行くのかなっていう問題があります(笑)。

−amycco.さんは完全にお母さん?

お母さんです。お母さんより恋人が良くなったんですねたぶん。
文鳥ちゃんが八か月くらいからもうあきぴょん派になった気がします。

−文鳥ちゃんと一緒に暮らして良かったことは?

うーん……すごく良かったんですけど……。何が良かったかな。
私わりと冷たくてドライだなーって自分でも思うんですけど、文鳥を育ててみてわりと生き物を……小さいものを愛でる心が自分にもあるなって思ったのでびっくりしました。

−文鳥ちゃんはどういう時に怒りますか?

まずあきぴょんの手の中でくつろいでいる時に私が声をかけたらめっちゃ邪魔されたと思ってすごい剣幕で怒られます。あと、豆苗が好きなんですけど新鮮な豆苗に取り替えてカゴに入れてあげたらすごい剣幕で怒られました。理不尽です……。

●amycco.さんとSNS

−twitterをはじめたきっかけは?

イタリア語の勉強をしようと思って。あのアカウントは本当はプライベートなアカウントで、イタリアの人をフォローしてイタリア語でつぶやくアカウントなんですけど、文鳥を飼ってから文鳥アカウントみたいになってしまいました。

−イタリア語はその後どうですか?

けっこうしゃべれるようになりました。がんばったのは最初の三ヶ月だけでその後全然勉強してないんですけど一応イタリア旅行で問題ないくらいになりました。

−現在の鳥ブームはどう思われますか?

あー、ブームですよねぇ。どうでしょう、あまりブームとかっていうのは好きじゃないんですけど……。でも文鳥の友達もできたから良かったけど……。良かったけどなんかブームっていう言葉を使ったら……。別に文鳥たちはずっと生きてるから……人間ブームとかって無いじゃないですか。生き物にブームって使うのはどうかなと思うことがあります。
鳥が好きな人と知り合う機会が増えてきてそれは個人的には楽しいです。

−「鳥はずっと生き続けてる」って深いですね。

あんまりブームみたいな取り上げ方じゃなく定着してくれるならうれしいかなと思います。
昔、小さい時は文鳥のコミュニティとかが無くてイベントに出たりとかInstagramで写真あげたりとかして、それで話しかけてもらったりコメントをもらったりしてそれで初めて「あ、日本にこんなに文鳥が好きな人がいるんや」って気づいて。
それはすごくうれしかったです。文鳥好きな人って少ないのかなって思ってたので。
インターネットがなかったらたぶんそんなに居ると思ってなかったでしょう。

01-photo1

あきぴょんさんの手の中で

●イラストのこと

−文鳥のイラストを描き始めたのは文鳥ちゃんをお迎えしてからですか?

そうですね。その前も文鳥をすごい描きたかったんですけど思ってるように描けなくて文鳥が可愛すぎるから悪いと思ってたんですけど、お迎えして間近でずっと見るようになってうまく描けるように…。
文鳥をずっと見てたら自然に上達して。文鳥が居なかった時期よりは全然描けるようになった気がします。

−スサーのマンガが話題になった時はどうでした?

あれは本当に何も考えてなくて。文鳥のクチバシ色のペンを買ってさっそく使ってみたかったから描いたんです。試し描きの落描きなんです。で、それでわいさかきさんっていうなんぼさんの友達が最初にいいって言ってくれて。次の日くらいになったらすごい広まってて、わーって。
元々あのストレッチをするポーズがすごい好きだったんですけど。

−最近は文鳥に関するお仕事が増えていますが、今後やりたいことなどは?

文鳥グッズも最初はイラストレーターの友達に鳥のイベントに出てみませんかって言われてそれで初めて作ってみた感じで、今まで流されて生きているんでこれからも流れるままにやっていきたいと思います。
やっぱり自分が文鳥が好きで「こういう文鳥グッズがあったらいいな」みたいなのを形にしてるから、文鳥が好きな人に喜んでもらえるのが嬉しいです。

−昨年(2014年)の小鳥ミュージアムのパーティーに参加されましたが。

あれ自分でもびっくりしましたね。
小鳥ミュージアムが全然どんなのか知らなくて東京の人が小鳥ミュージアムの話してたから「私も行こうかなー」ってつぶやいてたら「来てください」って言われて。
「なんぼさんのライブペインティングに出ませんか?」って誰かが言ってくれたんです。それでノリで東京に行くことになって。すごく楽しかったです。

−普段はフットワークが軽い方ですか?

うーん……。旅行は好きなんですけど、人に会うことに関してはすごく足が重い(笑)。イベントに顔を出すとかそういうのは消極的ですね。一人でぶらぶら旅行はしますけど。人と会うのは好きなんですけど声が出ないので……。自分から参加して楽しませる話術とかもないから隅っこにいてもじもじしてる感じです。
文鳥飼ってる人はだいたいそんな感じだと思います。
昨日のパーティー(小鳥ミュージアムTOKYOクロージングパーティー)では私ももじもじしてました。
普段三ヶ月に一人くらいとしか遊ばないんですけど、一日で四十人〜五十人の人に会ったからもう声の在庫が無くなってしまった(笑)。たぶん三年分くらいしゃべったと思います。

−旅行の時は文鳥ちゃんはお留守番ですね。

んー、寂しいです。
今も文鳥が留守番してるから寂しい……。
あきぴょんがいるから大丈夫……幸せだと思いますけど。
でもあきぴょんがいるのにめっちゃ寂しがって鳴いてるって聞いてわたしのこと好きなんかなって。でも帰ったら絶対怒られるんです(笑)。
去年夏休みの研究で勝手にやってたんですけど「文鳥に怒らない日はあるのか」っていうのをやって、怒らなかったのが一日だけだったんです。怒られなくなると逆に寂しくなって。

−色々な人からLINEのスタンプを作らないかと聞かれますよね。

あー、すごく言われます。今八個……スタンプの募集が始まって応募できる前にちょっと期間があったじゃないですか。その間にいち早く作り始めて八個作ったんですけどあと三十二個がまだできてない(笑)。私あまりLINEとかやらないんでモチベーションが低いんだと思いますけど。みんなスタンプとか送ったりするんですかね。私はLINEで文字しか送らないんです。でもいつかできると思います。LINEブームが終わった頃に。

−長期的な計画ですね。

四十年くらいかけて……いや四十年はかからないですけど(笑)。

 

(写真はamycco.さん提供)